donuts talk

本、文具、はたまた、障がい者支援などについて書きます。

カロリーヌちゃんで世界を知れたことは、こども時代のいい想い出。

昭和40年代から50年代に少女時代を送ったひとなら知ってるひとも多いと思う。フランスの絵本・カロリーヌシリーズ。
主人公の女の子・カロリーヌとゆかいな8匹の仲間たちが繰り広げる、楽しいお話の数々。
実物は実家に置いてあるので、↓ でご紹介。

 

カロリーヌのせかいのたび (オールカラー版世界の童話 23)

カロリーヌのせかいのたび (オールカラー版世界の童話 23)

 

 

カロリーヌとおともだち (オールカラー版世界の童話 12)

カロリーヌとおともだち (オールカラー版世界の童話 12)

 

 

カロリーヌのつきりょこう (オールカラー版世界の童話 19)

カロリーヌのつきりょこう (オールカラー版世界の童話 19)

 

 

見るからに洒脱な色彩、洗練されたイラスト!これに魅せられないこどもは、まずいないであろう(笑)。
中でも、世界を旅するという本(1番上のもの)が好きだったなー。当時のこどもは、こういった絵本から外国の文化を知ったのだ。
オランダのチーズがボールのように丸いこと。ピサの斜塔、こんなに斜めになっても建っている塔があるんだね。カナダのメイプルシロップは、凍らせて食べるのがおいしそう…なんて。

どのページも動物たちの表情やしぐさが人間のように描かれていて、それが見たくて何度もページをめくったものだ。カロリーヌちゃんのおしゃれな服装も!
そして、いつか自分もカロリーヌちゃんになれると思っていた(笑)。

今でもひっそり大好きなのだけど、最近知り合った友人も実はカロリーヌ好きだと発覚、先日、キャッキャとカロリーヌトークをしてきた(笑)。友人曰く「カロリーヌが好きだって話をしたの、家族以外で初めてかも」。
いや〜、大人になるのもわるくないね!

画像↓ は、最近、古本まつりで手に入れたもの。
(近年の作は、BL出版からいろんなお話が出ている。)

f:id:nico1019:20160517233311j:plain


1月に亡くなったねこは、このカロリーヌシリーズに出てくるねこの名前からとった“プフ”という名前だった(白ねこじゃなかったけどw)ので、「これは買うしかなーい!」と思ったのだ。
そういえば、兄の友人の家の犬は、このシリーズからとった“ユピー”という名前だったなあ。なつかしい。

手帖バカにつける薬はない。

手帖についてあれこれ考えては、日々あっちを行ったりこっちに来たりなので、記録として残すのもいいのかもと思って書いてみる。

今使っている手帖は

1.ほぼ日WEEKS (日々の予定)
2.HOBONICHI planner(気が向いた時に、悶々と書いてみたりする)

あとは「なんでもノート」として、MDノートを使っている。

ミドリ MDノート<A5> 無罫

ミドリ MDノート 無罫

 

何年も前に挫折経験のあるほぼ日手帳だが、今年は、この手帖に使われているトモエリバーという紙の虜なんである。手帖用に愛してやまないPILOTのハイテックCコレトがするするっとトモエリバーの上を走る時、快感を覚えてしまうのだ。前はこの紙の薄いところが嫌いだったような気がするが、今は薄いところが気に入っている。
…自分で自分がわからない(笑)。

なのに、すでに来年の手帖について考えてしまうところが正真正銘の手帖バカである(笑)。1年中、自分に合った手帖がないか、また、今使っている手帖のよりよい使いかたを模索してしまう性…。ひとは、生活をよくしたいがために手帖の書きかたを工夫するものだが、自分の場合、完全に逆転している(苦笑)。手帖を書きたい、使いこなしたい欲のために、生活が翻弄されているのだ。
今日も、ブログのいろいろを記録しようと、手帖を注文してしまった(苦笑)。バカである。

結論。手帖バカにつける薬はない。

 

政治学者・栗原康さんがぶっとんでいる。

朝、ネットで見つけたこの記事↓ に目が釘付けに。
courrier.jp

このひとの文章、他の誰とも違っていて、そこが好きだ。
見るからにひらがなが多く、やわらか〜い印象。学者としてはめずらしいだろう。が、使っている言葉は単純なのに、言ってることは過激なんである。
伊藤野枝…興味が湧いた。

少し前に友人から借りた本↓ でたまたま知った栗原先生。

はたらかないで、たらふく食べたい

はたらかないで、たらふく食べたい

 

こちら、タイトルからして、なんとも挑発的である(笑)。
まぁ一緒に住んだら、心底げっそりするであろうひとだけれど*1、本で持論を眺めている分には相当魅力的に映るひとだ。

プライベートを切り崩しての展開は、読み物として面白い。
いわゆる“正しさ”や“まっとう”を人生の基盤にしてるひとには「ケッ、何言っちゃってんの!」としか思えないかもしれないが、そこに息苦しさを感じている自分のようなひとは、「アッハッハ〜!」と豪快に笑いたくなるはずだ。読後感がはんぱなく良いの(笑)。

こんな先生がいてくれてうれしいし、出会えてよかった。
これから、著作を少しずつ読んでいきたい。

*1:婚約を解消したという彼女とのいきさつなど、興味あるひとはぜひとも読まれたし!

ブログモードにつき、始めてみる。

発信は何年もフェイスブックばっかりになっていたのだけど、無職になったからか、ブログに目が向いて「思い立ったが吉日」とばかりに始めてみることにした。

ずっと前からはてなブログ(当時はダイアリー)が好きだったので、またブログを書くとしたら、はてな以外には考えられなかった。

文具と本が最大の関心事なので(笑)その二つを中心に、たまに、たぶん生涯ずっとの関心ごと・障がい者支援のこと。はたまた、日常、想うことも書くだろうなあ(笑)。
思うところあって、ここが文章修行の場にもなったら…と思っているし、あとは、自分の気持ちを整理する場にもなるといいな。

ブログのCSSもいろいろいじりたいと思いながら、欲張ると続かないので、まずはフォントから。

目標は毎日更新。
よろしくお願いします。